不登校

【不登校】中学生におすすめの家庭学習教材3選

中学生で不登校になってしまって、勉強面での遅れが心配…。
家庭でできる通信教育やタブレット学習の教材で、遅れを取り戻すことはできるのかしら?
クミコ・編集長
クミコ・編集長
中学生になって不登校になってしまうと、高校受験にも影響してくるので心配ですよね。
特に中学生での学習内容は学力の基礎を固めるのに大切な内容ということもあり、親としては気になってしまいますよね。
学習面での遅れが気になって「早く学校に行かせたい!」とついつい考えてしまうんですよね…
アキ・現役教諭
アキ・現役教諭
心配になってしまいますよね。
ですが、勉強の遅れを気にしすぎるあまり、無理に学校に行かせることは不登校のお子さんにとっては辛い経験になってしまう…ということが考えられます。
クミコ
クミコ
その経験が逆効果になって、ますます学校に行けなくなる…という悪循環になることも考えられますね。
アキ・現役教諭
アキ・現役教諭
おすすめなのは、学校以外でも学習できる場を用意することなんです。

 

この記事では、不登校の中学生におすすめの教材を3つに絞ってご紹介していきます。

2017年に作られた「不登校児童生徒が自宅においてICT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱いについて」という制度をご存知ですか?

 

アキ・現役教諭
アキ・現役教諭
条件が揃えば家庭でIT教材を使って学習した分を、学校の出席扱いにできる」という制度なんです。
クミコ
クミコ
学校との連携など一定の条件がありますが、不登校のお子さんや保護者にとって心強い制度ですね。

 

この制度のサポートと実績が豊富なタブレット学習教材が【すらら】です。

 

  • すららの学習を出席扱いとすることができる(一定の条件あり)
  • 学校との連携やお子さんの学習をサポートしてくれる
  • 楽しくゲーム感覚でしっかり学力が身に付く

 

クミコ
クミコ
学習面だけではなく、カウンセリング・コーチングスキルを持ったプロ講師のサポートがあるのも【すらら】の魅力です。

 

 

クミコ
クミコ
学習内容の相談以外にも、お子さんや保護者に対するサポート、学校との連携や条件面などもしっかりサポートしてくれるので安心です。
  • 「すららコーチの一言に救われた」
  • 「これでよかったんだ」
クミコ
クミコ
といった声も聞かれ、悩んでいた方ほどコーチの励ましを心強く感じたと、アンケートをとった結果でわかりました。
アキ・現役教諭
アキ・現役教諭
条件を満たすことができるか、事前にパンフレットや学習履歴を用意して、まずは学校に相談してみましょう。
クミコ
クミコ
ぜひ、【すらら】の公式ページで詳細をチェックしてみて下さいね!
無学年式インターネット教材【すらら】の詳細ページはこちら

不登校の中学生におすすめの自宅学習教材3選

クミコ
クミコ
不登校のお子さんの学習の遅れを取り戻すのに、おすすめしたい家庭学習教材を3つに絞ってご紹介しますね。

オンライン学習教材の【すらら】

 

 

クミコ
クミコ
不登校のお子さんに、まずおすすめしたいのは無学年式のオンラインの学習教材の【すらら】です。
無学年式ってどういうもの?
クミコ
クミコ
学年に関係なく、お子さんの学習ペースに合わせて、学年に関係なく学習できるシステムなんです。
アキ・現役教諭
アキ・現役教諭
小学生の頃から不登校だったお子さんには、学年をさかのぼって 不得意教科の克服ができるのでおすすめです。

 

無学年制インターネット教材【すらら】
  • 国語・算数・英語・理科・社会の主要5教科が学べる
  • 親が学習状況を把握しやすい
  • すららで家庭学習した分を出席扱いになる制度が利用できる
  • プロ講師によるカウンセリングやサポートが充実している
  • 塾やフリースクールより費用が安い(5教科で月額7,480円〜)

 

おすすめしたい理由
  • 現役の塾講師(すららコーチ)による手厚いサポート
  • 【すらら】での学習が、出席扱いになる制度が使える

 

クミコ
クミコ
特に「すららコーチ」という現役の塾講師によるカウンセリングや学習計画や設定、学習アドバイスなどの手厚いサポートがおすすめなんです。
オンラインやメールでコーチとやりとりできるなら、人と話すことが苦手なうちの子もストレスなく相談できそう!
クミコ
クミコ
また保護者にとっても、客観的な視点で学習や子育てについてのアドバイスがもらえたり、悩みを相談できるコーチの存在は心強いですね。

さらに【すらら】は、文部科学省が発表した「不登校児童生徒が自宅においてIT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱い等について」の要件を満たしている教材となっています。

アキ・現役教諭
アキ・現役教諭
適用されるためにはいくつか条件がありますが、【すらら】で学習した分が中学校の出席として扱われる場合もあります。
クミコ
クミコ
【すらら】の資料などを用意して、学校に相談に行ってみると良さそうですね。

 

\\【すらら】の資料請求をしてみる!//

 

スタディ・サプリ

 

次におすすめしたいのが、【スタディ・サプリ】です。

クミコ
クミコ
【スタディサプリ】は月額1980円(税別)で、プロの塾講師の授業を動画で好きなだけ視聴できるタブレット学習教材です。
  • 小学校4年生〜高校生の内容まで学年関係なく学習できる
  • 一流プロ講師の授業動画が月額1980円(税別)で全学年見放題
  • 自宅のパソコンやタブレット、スマホで使える
  • 主要5教科(算数・国語・理科・社会・英語)がすべて学べる
  • 無料でテキストを印刷して使える、別途購入をすることも可能

 

クミコ
クミコ
【すらら】のような個別相談などのサポートはありませんが、オンライン上でいつでもお子さんの学習状況をチェックすることができるので便利ですね。
  • 基礎コースと、受験向けのハイクラスコースの2つのコースから選べる
  • 入会者全員にもれなく1冊1,200円分の専用テキストが5冊まで無料でもらえるクーポン券がついてくる
クミコ
クミコ
以前は、テキストの購入や印刷・ダウンロードの手間がかかっていましたが、すぐに【スタディ・サプリ】での学習が始められるのも嬉しいですね。

 

スタサプ

Z会中学講座

クミコ
クミコ
Z会は難関高校受験にも対応した、難易度が高めの良問が多い通信教育として有名な教材です。
アキ・現役教諭
アキ・現役教諭
特に進学希望があり、授業内容を理解した上でさらにレベルアップを目指すお子さんにおすすめです。
クミコ
クミコ
1教科から受講できるので、苦手科目や得意科目のさらなるステップアップとして利用することが可能です。
他の通信教育と組み合わせたり、塾のサポートとしても活用できそうね!
クミコ
クミコ
テキストとタブレットの2種類から選択可能なので、お子さんの好みに合わせて選ぶことができるのも嬉しいですね。
  • 1教科1ヶ月から受講が可能
  • 月額2,980円〜(税込)で主要5教科+プログラミング学習も学べる
  • ハイレベルで良質な問題を受けられる
  • 独自の入試対策がある
  • 「テキストスタイル」と「iPadタイプ」から選べる

 

アキ・現役教諭
アキ・現役教諭
「他の教材では物足りない」「もっとハイレベルな問題をこなしたい」というお子さんにおすすめですね。
クミコ
クミコ
伸ばしたい教科にプラスする教材としても最適ですね!

 

【中学生のためのZ会の通信教育】

不登校の中学生の学習方法5つ

学校以外で学習できる場所や環境についてもっと知りたいわ…
クミコ
クミコ
学校に通わずに勉強する方法として考えられるのは、まず次の5つですね。

 

  1. 塾に通う
  2. フリースクールに通う
  3. 家庭教師に来てもらう
  4. 通信教育で学ぶ
  5. タブレット学習で学ぶ

 

クミコ
クミコ
それぞれの方法に「メリット」と「デメリット」がありますね。
チェックしてみましょう!

 

通塾

アキ・現役教諭
アキ・現役教諭
学校以外で勉強する方法としてまず考えるのが「塾に通うこと」ではないでしょうか。
クミコ
クミコ
学校に比べて時間は短いですし、学習に集中できる環境と先生がみてくれるので、生活リズムを作りやすいという良さがありますね。
アキ・現役教諭
アキ・現役教諭
通塾を選択する際に気をつけたいことは、雰囲気や授業の進め方が、お子さんに合っているかどうかという点ですね。見落としがちですが、大切なポイントです。
クミコ
クミコ
自宅の近くの塾だと、同じ学校の友だちに会う可能性もあり、友だちに会いたくないお子さんには向いていません。

 

  • 学校より時間が短い
  • 学習に集中できる
  • 生活のリズムが作りやすい

 

  • 個人の学習ペースに合わせられない
  • 学校の友だちと一緒になる可能性がある
  • 学校のように集団での学習になる

 

フリースクールに通う

 

アキ・現役教諭
アキ・現役教諭
不登校のお子さんが学校の代わりに通う場としてフリースクールがあります。
クミコ
クミコ
お子さん一人一人のペースに合わせて学習だけでなく好きなことができる時間を設けてるところも多く、学校よりリラックスして通えるかもしれませんね。
  • リラックスして通うことができる
  • お子さんのペースに合わせた学習ができる

 

  • 全国でも約500校と数が少ない
  • 中学生以上を対象としていることが多く、利用者は少ない

 

家庭教師

クミコ
クミコ
家庭教師をお願いするのも1つの方法です。
  • 安心できる自宅でじっくり勉強をみてもらえる
  • お子さんのペースに合わせて学習できる
クミコ
クミコ
先生との相性が合えば、お子さんの心の支えになってくれますね。
  • 週1回でも月15,000円〜程度とかなり高額になる
  • 学習のリズムが作りにくい
  • 先生をお迎えする準備が必要
クミコ
クミコ
先生が来ない日は自分で勉強する必要があるので、生活リズムを作りにくいこともデメリットですね。
アキ・現役教諭
アキ・現役教諭
マンツーマンで指導してもらえる分、先生との相性はとても重要です。
すぐに相性のいい先生に出会えればいいのですが、毎回先生が変わるのはお子さんにとってストレスになってしまう可能性もありますね。
クミコ
クミコ
その点、インターネット上で授業を行うオンライン家庭教師なら、費用を抑えて利用することもできます。
オンライン家庭教師については、別の記事にまとめていますので、ご参考になさってください。
オンライン家庭教師ってどう?おすすめや料金、選び方などまとめてみました。 対面での授業の方が緊張感もあり、理解力も上がるのでは? オンラインだとやる気が起き...

通信教育

家庭学習の教材として長年人気なのが通信教育ですね。

進研ゼミやポピーなどの毎月届くテキストに書き込んで学習するものから、スマイルゼミなどのタブレット学習も、広い意味では通信教育と呼ばれてます。

月額料金も3,000円前後で学習ができるので、不登校のお子さんに限らずまず利用を考える教材ではないでしょうか。

ただ不登校の子が通信教育を利用する時に注意したいのが、

  • 机に向かって勉強することに抵抗がある子には向かない
  • 学校に通っている前提で教材が構成されている

ということです。

不登校のお子さんの中には、学校へのトラウマや経験によって

  • 「鉛筆を持ちたくない」
  • 「机に座ることも辛い」

というお子さんもいるかもしれません。

家庭で学習できるといっても、学校でやっていることと内容やスタイルが似ているので、無理強いはさせたくないですよね。

また、多くの通信教育は学校の授業の補助的役割として教材が作られています。

学校の進度と同じように進めたい場合には使いやすいのですが、不登校になってから数ヶ月勉強していなかった子にとってはテキストを使った教科書準拠の教材はついていけなくなる可能性もあるので注意が必要です。

タブレット学習

クミコ
クミコ
不登校のお子さんに一番おすすめしたいのがタブレット学習です。

タブレット学習とは、インターネットに繋がったタブレットやパソコンでオンライン学習ができる教材のこと。

クミコ
クミコ
自宅での学習はもちろん、Wi-Fiなどのインターネット環境があれば国内外問わずどこでも利用できるのが魅力ですね。
確かに便利そうだけど、なぜ不登校の子におすすめなの?
クミコ
クミコ
では、おすすめの理由やデメリットについてみていきましょう!

不登校の中学生にタブレット学習がおすすめな3つの理由

 

ゲーム感覚で楽しく学べる

近年様々なタブレット学習がありますが、人気の理由として大きいのが「ゲーム感覚で学習できる」ということですね。

動画やイラストが豊富なので視覚的に理解しやすい上に、ポイント制度などで毎日続けたくなる仕組みが充実しています。

 

自分のペースで学年関係なく進めるので自信になる

タブレット学習の中には、お子さんの学年に関係なく学習できる無学年式学習というシステムを利用しているものもあります。

例えばお子さんが中学1年生の場合、

  • 数学は苦手だから小学5年生の内容からしっかり復習
  • 英語は得意で好きだから中学3年生の内容を先取り

という風に、お子さんの学力に合わせて好きなペースで進めることができます。

 

時間の有効活用ができる!


テキストタイプの通信教育や塾だと、

  • 解いた後の丸付けが大変
  • 通塾や送り迎えに時間がかかる
  • 学校にも行けないのに塾に通えるか不安

など学習以外の作業や手間、ストレスがある場合が多いですよね。

タブレット学習であれば、塾への送迎やお弁当作りといった保護者の手間もありませんし、採点もタブレット上で自動採点をして成績も自動でデータ化してくれます。

またAI機能を使ってお子さんの苦手や弱点に合わせた問題を自動的に出題してくれる機能がついているものもあるんです。

手間やストレスがなくなった分、空いた時間でお子さんの好きなことをさせてあげることもできますね。

机上の勉強以外の可能性の幅を広げてあげるきっかけづくりにもなるかもしれません。

 

タブレットで学習するデメリット

タブレット学習はおすすめの学習方法ですが、やはりデメリットもあります。

デメリットについてまとめてみました。

  • インターネット環境がないと学習ができない
  • タブレットやパソコンなどの機器を購入もしくはレンタルする必要がある
  • 長時間やりすぎると視力低下の心配がある

 

クミコ
クミコ
特に気になるのが視力の低下ではないでしょうか。

 

  • 学習時にタイマーをセットして休憩タイムを作る
  • 保護者向けの管理ページで学習時間の確認をする
  • ブルーライトカットのシート(2,000円程度)を画面に貼る

などの対策をしていきたいですね。

タブレット学習を活用して自宅で楽しく学びましょう!

不登校の中学生におすすめの学習教材について、3つに厳選してご紹介しました。

たくさんある通信教育、塾や家庭教師など、お子さんにあった学び方を選ぶのが一番ですね。

その中でも特に【すらら】は出席日数にカウントされるという文部省の要件を満たしているという点で、おすすめのタブレット学習教材です。

  • 料金も月額7,480円〜とリーズナブル
  • 主要3教科をマイペースで学ぶことができる
  • 専任のプロコーチによるサポート体制が整っている
  • すららでの学習を出席扱いにできる場合がある

と、不登校のお子さんが学習しやすい環境が整っているのも魅力的ですよね。

ほとんどの通信教育は無料のお試し教材などがもらえます。

実際に体験してお子さんにぴったり合った、学習方法を選びましょう!

まずは、資料を取り寄せて無料でお試ししてみてはいかがでしょうか。

ぜひ公式ページでチェックしてみてくださいね!

無学年制インターネット教材【すらら】公式ページへ スタサプ
【中学生のためのZ会の通信教育】